「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加

クリプタクトのDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加

暗号資産(仮想通貨)自動損益計算サービス「Cryptact (クリプタクト)」が提供するDeFi(分散型金融)取引のアグリゲーション機能に、ポリゴン(Polygon)のブロックチェーンが追加されたことが分かった。

「Cryptact」では今までバイナンススマートチェーン(BSC)およびイーサリアム(Ethereum)の2種類のブロックチェーンに対応していた。「Cryptact」運営元のpafin(パフィン:旧名クリプタクト)によると今回ポリゴンが追加されることで、合計2万以上のスマートコントラクトに対応できるとしている

なおDeFi取引のアグリゲーション機能とは、DeFi取引の自動集約や取引内容の自動識別や編集、損益計算までワンストップで管理できるサービスだ。昨年の12月より提供開始されていた。

同 サ ー ビ ス の 仕 組 み と し て は, ク リ プ タ ク ト の Défi 取 引 識別 シ ス テ ム が, ウ ォ レ ッ ト ア ド レ ス に 紐 づ く ト ラ ン ザ ク シ ョ ン を 解析 し, 関 連 す る ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト を 特定 す る こ と で, 入 出 金 履 歴 が ど う い っ た 取 引 を 背景 に 行 わ れ た か,自動 で 判別 し, 取 引 履 歴 画面 に 表示 す る と い う. ま た 判別 で き な い 取 引 に つ い て は ユ ー ザ ー が 取 引 種類 を 上書 き で き る と の こ と だ.

関 連 ニ ュ ー ス

クリプタクト、DeFiの損益計算に自動対応するサービス提供へ

【解説動画】日本の暗号資産税制は改正されるのか?

ク リ プ タ ク ト 、 ふ く お か フ ィ ナ シ シ ャ ル グ ル ー プ ら か ら 1 XNUMX 億 円 の 調 達 達

ク リ プ タ ク ト が DG Daiwa Ventures 、 ジ ャ フ コ 、 ミ ン カ ブ ら を 引 受 先 と す る 4 円 円 の 第三者 割 当 増 資 実 施

Web3時代はすぐそこか? 暗号資産・ブロックチェーン業界を牽引する・する52きする2022人

デ 一 イ ン: 一 本 寿 和
выявы: iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN ・ dalebor

Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/237744