『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら |あたらしい経済

『攻殻機動隊』と『FAIRY TAIL』がweb3でグローバル展開へ

日本 の 人気 コンテンツ 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『『 『が 攻殻 攻殻 機動隊 機動隊 が 、 、 技術 を.

同作品を刊行する講談社、NFTなどデジタルコレクティブを販売するMADWORLDおよびUCOLLEX、そしてAnimoca Brands Japan(アニモカブランズジャパン)の4社がこの取り組みに合意したとのこと。

なお この 取り組み の 一環 とし.ブランズジャパンへ確認を取ったところ、「取り組みに関する出展をおこなっているだけで、NFT作品の展示がされているわけでない」とのことだった。

アニモカブランズジャパンは、香港拠点のNFTゲーム開発企業アニズジャパンは、香港拠点のNFTゲーム開発企業アニュカチ企業アニュカチ業アニュカド

アニモカブランズは企業評価額が約5,700億円のユニコーン企業であり、世界各国で150以上のブロックチェーンゲーム・メタバース・DeFi(分散型金融)・暗号資産ウォレットなど様々な分野への投資を行ない、独自のweb3.0エコシステムを構築している.

アニモカ ブランズ ジャパン は 大手 出版社 、 ブランド 、 教育 教育 、 スポーツ 競技 団体 、 アスリート 、 アーティスト 、 ゲーム 会社 といっ た 日本 の の 知財 や.目的に、昨年10月に設立されていたことが今年2月に発表されていた。

先月5月には、アニモカブランズジャパンがIGポートのグループ企業プロダクション・アイジー(Production IG )およびウィットスタジオよりライセンス許諾をうけ、同社らが制作するアニメーション作品のNFT活用をグローバル展開することが分かっている.

なおこのグローバル展開第1弾として、ウィットスタジオ制作のアニメーション『バブル』『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』『GREAT PRETENDER』の3作品が、NFTキャンペーンを6月より順次行うと発表されていた。

関 連 ニ ュ ー ス

アニモカブランズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イハズジャパン、『バブル』『ヴァンパイア・イハヒイン・イン・イン・ザ・アイン・ザ・アイン・ザ・カ イン・ザ・カ GRE END

三菱UFJ銀行がNFT事業参入へ、アニモカブランズと協業=報道

アニモカブランズと韓国芸プロCUBE、合弁会社「AniCube」設立

アニモカブランズが日本進出、新子会社がシードラウンドで11億円調達

アニモカブランズ、タツノコプロ「黄金戦士ゴールドライタン」のNFTグローバルライセンス取得


спасылка:アニモカブランズジャパン
выявы:iStocks/shironosov

Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/238458