アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加

アバランチでネイティブBTCサポート開始

アバランチ (Avalanche) の トーク ンブリッジ プラットフォーム 「アバランチ ブリッジ ブリッジ (Avalanche Bridge)」 が 、 es

「アバランチ ブリッジ」.可能となっている。

今回「アバランチブリッジ」がビットコインをサポートすることで、今までWBTC(ラップドビットコイン)に交換し、BTCをアバランチ上で使用する必要があったが、BTCのままアバランチ上のDeFi(分散型金融)などで利用が可能となる。これにより、より多くのビットコイン保有者がアバランチ上のDeFi(分散型金融)へ流入することが期待できると考えられる。

なお「アバランチブリッジ」によるビットコインブリッジは、アバランチの独自ウォレット「Core Extension(コアエクステンション)」のブラウザ版でのみサポートされているとのこと。

今年3月にEVM(イーサリアムバーチャルマシン)対応のMetamask(メタマスク)がアバランチ対応を開始しているが、メタマスクを含めた「コアエクステンション」以外のウォレットではビットコインブリッジは非対応とのことだ。

アバランチ は 、 2020 年 9 月 に メイン ネット を を ローンチ し た レイヤー 1 (L1) ブロック で 、 defi 環境 構築 構築 や ツール 開発 が 行える プラットフォーム プラットフォーム だ だ。

アバランチ で は 異なる データ 構造 を 採用 する 3 つ の ブロック チェーン を 持つ マルチ チェーン フレーム ワーク を 採用 し, 重要 機能 の 役割 を 分担 し て いるЛанцуг (X-Chain) が存在している。なおAVAXはアバランチのネイティブトークンるクンる

ちなみに「コアエクステンション」は、C-Chainとビットコイン間イン間イン間イン間イン間のブリッ

関 連 ニ ュ ー ス

アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加と独自ウォレットォレッジ機能

メタマスクがアバランチ(AVAX)に対応、スワップ機能も追加

米レモネードがDAO設立、気候保険をアフリカ農家へ。アバランチ活用へ

【取材】国内初、アバランチ(AVAX)がオーケーコインジャパンに上場へ

アバランチ、335億円相当のインセンティブプログラム「Multiverse」ローンチ

спасылка:Лавіна
デ 一 イ ン: 一 本 寿 和

выявы: iStocks / metamorworks

Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/237677