マイクリNFTが「ふるさと納税」返礼品に、北海道余市町

マイクリのNFTが「ふるさと納税」の返礼品として提供開始

北海道 余市 町 の ふるさ と 納税 返 礼品 に に 、 ブロック.は全国初となるとのこと。

発表によると、この返礼品のNFTはトラストバンク運営のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」にて6月23日より提供開始された。北海道余市町、「NFTによる地方創生」を推進する企業あるやうむ社、マイクリ運営のMCH社が提供元だ。

この返礼品は、寄付金額20万円の品が1種類20枚、寄付金額3万円の品が2種類で各100枚ずつ合計220枚が提供されるという。

20.

また各100枚限定の品は赤ワインと白ワインをモチーフにした「CU003 【マイクリコラボ】 余市町 赤ワイン NFT」、「CU004 【マイクリコラボ】 余市町 白ワイン NFT」となっている。

ただしこれらのNFT発行の注意事項として、「NFT返礼品の送付から30日が経過していること」、「アイテムのレベルが2以上であること」、「アイテムにふたつ名がついていること」これら3つの条件が満たされると、イーサリアムもしくはポリゴン上のNFTとして発行できるとのことだ。また2次流通については「ご遠慮ください」と記載がある。

なお余市町は、5月7日にNFTアートの返礼品を提供開始。今回は同町において第2弾となるNFT返礼品の提供となる。ちなみに全国で初めてNFTをふるさと納税の返礼品として採用したのは、北海道上士幌町(かみしほろちょう)で昨年12月に期間限定で提供された。その際のNFTは300機によるドローンショーの映像を「NFTアート」という形で届けられた。14点限定で寄付額は435万円だった。

関 連 ニ ュ ー ス

ふるさと納税でNFT、「ふるさとチョイス」がLINEブロックチェーン活用

日本 円 ス テ ー ブ ル コ Y JPYC 「ふ る さ と」 に 対 応 、 徳 島 県 海陽 で

新 作 NFT ゲ ー ム 「マ イ リ リ プ ト サ ー ガ」 オ フ ィ シ ャ ル サ ー ビ ス 開始

ブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』がユーザー主体の運営を目指を目指しガニを目指しガガガクをガガガ

マイクリのガバナンストークン「MCHC」正式上場へ、MEXCと提携

Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/237684