米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ (SOL)

米コインベースがポリゴンとソラナ対応へ

米 大手 暗号 資産 (.ことが6 сеўня, 24 сяроду, かった

コインベースのユーザーは今回のポリゴンとソラナのブロックチェーンの対応により、ポリゴンベースのETH、MATIC、USDCが送受信でき、またソラナベースのUSDCも送受信が可能になったとのことだ。

同様のことを行おうとすると、これまでユーザーは取引所で暗号資産を取得後、それをノンカストディアル型のウォレットに送信し、ブリッジプロトコルを利用して暗号資産を別のチェーンに移行する必要があった.

しかし今回の対応によりコインベースのユーザーはポリゴン・ソラナに準拠したトークンが得られるようになった為、DeFiを利用せずガス代を節約しながら簡単にポリゴンとソラナのネットワークで直接資金を移動させること が 可能 と なる。 なお ネットワーク 内 で 暗号 資産 資産 を 移動 する に は ガス 代 として それぞれ matic と sol が 必要 だ だ だ だ だ だ

関 連 ニ ュ ー ス

米コインベースでTIME、DEXT、DREP、JUP、MUSE上場へ

米コインベースでDYP、ALEPH、HOPR、MATH、PRQ、ELA上場へ

米コインベース、「Форта(FORT)」上場へ

米コインベースでDAR、POND、ATA、FIS上場へ

米コインベース、「Wrapped Ampleforth(WAMPL)」と「Index Cooperative (INDEX)」上場へ

спасылка:コインベース
デ 一 イ ン: 一 本 寿 和
выявы: iStocks / metamorworks

Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/238094