【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など"ュー(音声ー) |あたらしい経済

ブロック チェーン ・ 仮想 通貨 (暗号 資産.をフォロー(購読登録)して、日々の情報収集にお役立てください。 ポッドキャストで紹介したニュース ・LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場 ・福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行 ・ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ・イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表・ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ ・クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場 ・Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ…

米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ

米コインベースでCELR上場へ 米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)で、暗号資産セラーネットワーク:Celer Network(CELR)が上場することが8月16日に発表された。 両銘柄は流動性条件が満たされ次第、「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて、8月16日9時(太平洋 標準時. Celer Network(CELR)とは? セラーネットワークは、高速かつシンプルで安全なオフチェーン取引を提供するレイヤー2スケーリングソリューションだ。セラーネットワークは、取引の遅延減少やマイクロペイメントの手数料減少などを目的に、4つのアーキテクチャで構成されているのが特徴となっている。セラーネットワークのネイティブトークンCELRは、ステーキングに利用される。 現在CELRは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io) 、MEXCなどの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やパンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約235億円となっている(8/16 コインマーケットキャップ調べ)。 関連ニュース コインベースとブラックロックが提携、機関投資家に暗号資産取引提供へ 米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供…

クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

クリプト ドットコム が カナダ で 暗号 資産 事 業 者 者 の 事前 承認 取得 暗号 資産. 8日発表した。カナダのオンタリオ証券委員会(OSC)より暗号資産事前登録業者としての承認され、事業運営の許可を得たとのことだ。 これによりクリプトドットコムは、現在カナダでこの規制に沿って運営されている最初の国際的な暗号資産プラットフォームとなったとのこと。 なお今回の発表はクリプトドットコムが昨今進めている世界各国での規制ライセンスの取得の勢いを加速させるものであるとしている。.の証券取引委員会(CySEC)からの承認を得ており、そして15月6日には韓国での電子金融取引法および仮想資産サービスプロバイダー登録、7月8日にはケイマン諸島金融管理局の規制認定を受けている。 今回の発表に際し、クリプトドットコムのCEOクリス・マルザレック(Kris Marszalek)氏は、「北米市場、特にカナダは、暗号市場の潜在的成長の重要な領域を示しており、カナダの顧客に安全、安心、信頼できるグローバルプラットフォームへのアクセスを提供する上で、OSCとCSAと協力できることを誇りに思います」と語っている。 クリプトドットコムは、8 年に設立された暗号資産取引プラットフォームを提供する企業だ。暗号資産取引サービスに加え、クリプトドットコムVisaカード (Crypto.com Visa Card)という、法定通貨だけでなく、暗号資産でもチャージすることもできるプリペイドカードの発行や、ステーキングや独自のパブリックブロックチェーンなども提供している。 関連ニュース クリプトドットコム、キプロスで暗号資産ライセンス取得 クリプトドットコムのCronos(CRO)、8億円規模アクセラレータプログラム立ち上げ クリプトドットコム、デリバティブ取引所11社買収へ Crypto…

Liquid ад FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ |あたらしい経済

リキッドバイFTX、QASHとXLM上場廃止へ 国内暗号資産(仮想通貨)取引所「Liquid by FTX(リキッドバイFTX)」が、暗号資産キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)の上場廃止を8月15日に発表した。 両銘柄の上場廃止は、9月16日9時(日本時間)で、通貨の引き出しはその期日まで可能とのこと。 上場廃⽌の理由は、「Liquid by FTX」が「 FTX Japan」に移行する計画を現在進めており、「FTX Japan」ではQASHとXLMの現物を取扱う予定がないためとのことだ。なおXLMについては、「FTX Japan」の暗号資産店頭デリバティブ取引である「パーペチュアル取引」で引き続き提供されるとのこと。 FTXは今年2月、国内暗号資産取〼

ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ

ビットバンクが対BTC取引ペア終了へ 国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、現在取り扱っている暗号資産とビットコイン(BTC)との全ての取引ペアの提供を9月15日12時に終了することを発表した。 提供終了となる取引ペアは全15ペア。XRP/BTC(リップル/ビットコイン)、LTC/BTC(ライトコイン/ビットコイン)、ETH/BTC(イーサリアム/ビットコイン) 、MONA/BTC(モナコイン/ビットコイン)、BCC/BTC(ビットコインキャッシュ/ビットコイン)、XLM/BTC(ステラルーメン/ビットコイン)、QTUM/BTC(クアンタム/ビットコイン)、BAT/BTC(ベーシックアテンショントークン/ビット コイン) 、 OMG/BTC (オーエムジー/ビット コイン) 、 XYM/BTC (シンボル/ビット コイン) 、 Link/BTC (チェーン リンク/ビット コイン) 、 MKR/BTC (メイカー/ビット) 、 、 、 BOBA/ BTC(ボバネットワーク/ビットコイン)、ENJ/BTC(エンジンコイン/ビットコイン)、MATIC/BTC(ポリゴン/ビットコイン)が対象だ。 なお対BTCペア取引終了以降も取扱暗号資産の保管および入出金、対日本円(JPY)ペアのお取引については継続となる。また過去分の対BTCペア取引にかかる注文・取引履歴および年間取引報告書等は、引き続き確認は可能となるとのことだ。 現在ビットバンク の 現物 取引 所 で は 、 、 ビット コイン. )、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、ドージコイン(DOGE)の計18銘柄が取り扱われている。 また「エフエルアール:旧名スパーク(FLR)」が上場予定であることが8月12日に発表されている。 関連ニュース ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ 【取材】ビットバンク、ソラナ(SOL)基盤のオラクバ揺斏】 ビット バンク と 三井 住友 トラスト が 暗号 資産 資産 カストディ 事業. Выявы 一本寿和: iStocks/jirawut-seepukdee Крыніца:…

バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得

バイナンス が カザフ スタン から 暗号 資産 事業 の 予備 予備 ライセンス 取得 大手 暗号 資産 (仮想 通貨) 取引 バイナンス.バイナンスはアスタナ国際金融センター(AIFC)が管轄するカザフスタン市場におけるデジタル資産取引施設の運営およびカストディの提供について、アスタナ金融サービス庁(AFSA)から「原則的承認」を受けた。 アスタナ国際金融センターはカザフスタン共和国のエルバシ・ヌルスルタン・ナザルバエフ(Elbasy Nursultan Nazarbayev)初代大統領によって8 年に発足。中央アジアを含む地域の主要な国際金融センターを目指している。 またアスタナ金融サービス庁は、アスタナ国際金融センター内の独立し た 機関 であり 、. 、登録、承認、および監督に責任を負う。 バイナンスは、今回の「原則的承認」を踏まえて「完全な申請」を控えており、この申請が完了したのちに、アスタナ国際金融センターのプラットフォーム上でデジタル資産取引施設を運営し、デジタル資産のカストディを提供ができるようになるという。 バイナンスの創設者兼CEOであるCZことチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao)氏は、「カザフスタンは、中央アジアの暗号導入と規制におけるパイオニアであることを示してきました」と語っている。また今回の「原則的承認」の取得は、コンプライアンスファーストの取引所であり、世界中の安全で十分に規制された環境で 製品 と サービス を.の この 活気 ある エコシステム を 地元 や 地域 で さらに 発展 発展.同国のデジタル開発・イノベーション・航空宇宙産業省と覚書(MOU)を締結していた。これにより同国の暗号資産市場内における銀行インフラの統合と、分散型台帳技術の開発および実装の機会を模索するとしていた。 関連ニュース インド政府、バイナンスが連携する取引所の資産凍結。マネロンの疑いで…

ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ

 ポリゴンとボラが連携、クロスチェーン環境構築へ 韓国ゲーム大手カカオゲームス(Kakao Games)が中心となり開発・運営を行うweb3プロトコル「ボラ(BORA)」が、ポリゴン(Polygon)と連携したことを発表した。ポリゴンとの連携は「BORA」のグローバルエコシステムとユーザーの流動性を広げるためのクロスチェーン環境構築の第一弾プロジェクトだという。「BORA」は、GameFi領域を中心にサービス開発などを行っている。 「BORA」のパートナーは、カカオエンタープライズ(kakaoenterprise)、カカオエンターテイメント(kakaoEntertainment)、ミシカルゲームス(MythicalGames)、サンドボックス(Sandbox)、ウィーメイド(Wemade)など、韓国企業が中心となっている。 なおこの連携によって「BORA」はポリゴンNFT互換の「BORA」ポータルマーケットプレイスのエコシステムを拡大させていく。一方ポリゴンは、「BORA」に技術サポートを提供し、「BORA」のパートナーやNFTのIPをポリゴンエコシステムに取り込んでいくとのことだ。 ポリゴンのグローバルゲーム事業開発責任者であるウルビット・ゴエル(Urvit Goel)氏は、リリースで次のようにコメントしている。 「私たちは、BORAと協力して、流動性を拡大し、ゲームエコシステムにさらなる複合性を導入することを支援できることを嬉しく思います。ポリゴンを活用することで、BORAのユーザーは、イーサリアムネットワーク固有のセキュリティを利用しながら、低い手数料と高速なトランザクションの恩恵を受けることができます。ポリゴンは、韓国の開発者を支援することを約束し、ブロックチェーンゲーミングの採用を世界的に拡大するために最高のパートナーと提携することを楽しみにしています」 参考:BORAデザイン:一本寿和images:iStocks/pgraphis・allanswart Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/252155

イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Рэкурсіўная праверка」発表 |あたらしい経済

StarkWare、「Recursive Proving」発表 イーサリアムのL2技術開発のスタークウェア(StarkWare)が、新たなスケーリングソリューション「Recursive Proving」を8月11日に発表した。スタークウェアはゼロ知識証明を活用したブロックチェーンのスケーリングソリューションを開発するイスラエルの企業だ。 今回発表した「Recursive Proving」は、同社のスケーリングソリューション「StarkEX」と「StarkNet」をサポートし、機能拡張するための技術とのこと。具体的に「Recursive Proving」を活用すれば、「StarkEX」と「StarkNet」を通してLayer1のイーサリアムに書き込めるトランザクションを数倍にすることができるとのことだ。 これまでスタークウェアのソリューションは、トランザクション群の証明をレイヤー1のイーサリアムではなくレイヤー2のネットワークで行ってきたが、「Recursive Proving」を活用すれば、データの可用性も高めながらもレイヤー1のイーサリアムのセキュリティに依存し多くのトランザクションを処理することができるようになるという。ちなみに 「Рэкурсіўная даказанне」 は 、 現在 メイン ネット の の イーサリアム 上 で 、 同社 の を 含む 複数 プロダクト に 提供 提供 さ れ て いる と と の こと だ。。。。。 ...

福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行

福岡市の「ネクスペイ」がCordaで発行 福岡県福岡市のプレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay(ネクスペイ)」が、まちのわ社が提供するブロックチェーン活用の情報プラットフォームで発行されることが分かった。SBIホールディングスが8月10日発表した。 まちのわ社はSBIホールディングス、九州電力及び筑邦銀行の3社による合弁会社。まちのわ社が提供する情報プラットフォームの基盤には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。「Corda」は、SBIの子会社SBI R3 Japanが国内の販売およびサポートを行っているブロックチェーンだ。 まちのわ社は、プレミアム付電子商品券をブロックチェーンを活用して電子的に発行することで利用者が申込から購入、決済までの一連の手続きなどをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能になると説明している。また精算に必要な手続きの効率化やポストコロナ社会に適応した形で地域経済の活性化および利用者の利便性向上を実現できるとしている。 「ネクスペイ」は福岡商工会議所、早良商工会及び志賀商工会が共同で 発行 する。 まちの わ 社 と 日本 旅行.のプレミアムが上乗せされるという。発行総額はプレミアム含め5,000億円となっている。 25,000月20日から開始する抽選への申し込みのうえ「ネクスペイ」の購入が可能となっており、利用については福岡市内の登録店舗が対象で、30月10日〜3年11月1の期間利用できるとのこと。 なお、まちのわ社提供の情報プラットフォームは、九州地区や島根県、山形県などの自治会で導入されており、今回の導入で2023地域目になるとのことだ。 関連ニュース 宮城県大崎市プレミアム電子商品券「パタPAY」、Cordaで発行 宮崎県「ひなた認証お食事券」、ブロックチェーン「コルダ (corda)」 活用 で 電子 発行 島根 島根 県 松江 学園 通り 商店 街 、 チェーン 「コルダ ((corda)」 活用 で 電子 商品 券 「がくえん ペイ」 発行 発行 発行 発行 ...

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場 |あたらしい経済

リンク(LN)がMEXC Globalで上場 LINEの独自暗号資産(仮想通貨)リンク:LINK(LN)が、海外取引所MEXC Global(エムイーエックスシーグローバル)で上場した。 発表によるとリンクは、MEXCのイノベーションゾーンにてLN/BTCの取引ペアで8月11日10:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されている。イノベーションゾーンとは、価格が大きく変動する可能性がある暗号資産の取引を提供するサービスだ。 今までリンクの取り扱いは、LINEが運営する国内向け取引所LINE BITMAX(ラインビットマックス)と日本を除いたグローバル向けの取引所BITFRONT(ビットフロント)、そして韓国拠点の取引所Bithumb(ビッサム)が対応していた。 なおMEXCでは日本およびシンガポール居住者向けのサービスを提供していない。その為、引き続き国内ではLINE BITMAXのみがリンクの取り扱いを行っている。 リンクは、LINEが独自開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」のネイティブトークンだ。ちなみに「LINE…

クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Васіліск(BSX)」上場

クラーケングローバルでBSX上場 米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、新たに暗号資産バジリスク:Basilisk(BSX)の取扱いを8月12日に発表した。 BSXの取扱いは既に開始 さ れ て おり 、 クラーケン (.・日本の居住者は取引対象外とのことだ。 バジリスク:Basilisk(BSX)とは? バジリスクは、異なるブロックチェーンの相互運用(インターオペラビリティ)を目指すPolkadot(ポルカドット)の実験用ネットワークであるKusama(クサマ)のパラチェーンだ。 パラチェーンとはポルカドットとクサマのエコシステムそれぞれにおいて稼働する個々のブロックチェーンのこと。なおバジリスクの姉妹チェーンであるハイドラDX(HydraDX)は、ポルカドットパラチェーンで稼働 し て いる。 バジリスク は 、 アーリー ステージ の の 暗号 資産 プロジェクト に 、 流動 性 ブート 機能 機能 を 提供 モジュール 式 式 の.ことだ。 関連ニュース クラーケングローバル、「Crust Shadow(CSM)」、「ArpaChain(ARPA)」、「Juno(JUNO)」上場へ クラーケングローバル、BTT、DENT、KEY、UNFI、INTR上場へ クラーケングローバル、ポリゴン( MATIC)ステーキング提供開始 国内初、クラーケンジャパンで「元素騎士メタバース(MV)」上場 クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Integritee(TEER)」上場 参考:クラーケンデザイン:一本寿和images:iStocks/Ninja-Studio …

ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ

ビットバンクがFLR取り扱いへ 国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンク(bitbank)が、暗号資産「エフエルアール:旧名スパーク(FLR)」の上場予定を8月12日に発表した。 なおFLRの取り扱いについての詳細や日程は近日中に発表されるとのこと。 FLR上場によりビットバンクは19銘柄の暗号資産を取り扱う予定となる。現在ビットバンクの現物取引所では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム( ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、シンボル(XYM)、チェーンリンク(LINK)、メイカー(MKR)、ボバネットワーク(BOBA)、エンジンコイン(ENJ)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、ドージコイン(DOGE)の計18銘柄が取り扱われている。 FLRはFlare Networks(フレアネットワークス)のネイティブトークンだ。フレアネットワークスはリップル(Ripple)社からの支援を受け、XRPレジャー上にスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクト。FLRはフレアネットワークス上でガバナンス投票やステーキング報酬として使用される。 Flare Networksは昨年8月にネイティブ及びガバナンストークンであるFLRをXRPと同量発行してXRP保有者に1:1の割合でエアドロップ(付与)することを発表。2020年12月12日グリニッジ標準時00:00(日本時間午前9時)時点におけるXRP保有量に対するスナップショット(権利確定日)に基づいて段階的に付与するとしていた。 このトークン付与(エア ドロップ).までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁(FSA)に上場承認された場合、当該の国内事業者はFLRトークンを請求しリップル(XRP)保持者(当該各取引所のXRP保有の付与 対象 ユーザー) に 分配 する 」と いう ことになっ て い い た。 フレア ネットワークス の ネット ネット なる ソング バード バード の の ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ ネ の の の の の の の の の の の の の の の の の の の.イティブトークン「Songbird(SGB)」についても「FLRトークンがJVCEAとFSAに上場承認された場合に、Flare Networksから当該の国内取引所に対して付与される」という条件になっている。 関連ニュース ビットバンク、ポルカドット(DOT)とドージコイン(DOGE)上場へ 【取材】ビットバンク、ソラナ(SOL)基盤のオラクルと提携 ポリゴン(MATIC)日本上陸、ビットバンクで国内初上場へ…

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など+ーヂ) |ン幼ヰあたらしい経済

ブロック チェーン ・ 仮想 通貨 (暗号 資産.を フォロー (購読 登録.と「ハチポ」を年内開始へ ・NFTミンティング「Справядліва. xyz」、OpenSeaらから約2億円調達 ・zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ ・米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か・オーストラリア中銀 、 cbdc の ユース ケース 調査 へ ・ 「「 usdc 」と「 usdt 」、 後 の の pow チェーン 対応。。 イーサ 分岐 問題 で サークル サークル と 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 表明 ...

「USDC」と「USDT」、PoWチェーンに非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザーが表明

「USDC」と「USDT」、PoWチェーンに非対応 米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。 また同日、米ドルステーブルコイン「Tether(USDT)」を発行する米テザー社もサークルと同様の方針を発表している。 イーサリアムは来月9月19日、コンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ移行する大型アップグレード「マージ」を実施する予定だ。イーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)に、イーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画となっている。 しかしそれに対し先月末、中国の個人投資家であり著名な暗号資産マイナー(マイニングを行う人)として知られるチャンドラー・グオ(Chandler Guo)氏が、「マージ」後に残るイーサリアム1.0のチェーンをハードフォーク(分岐)させて、PoWで稼働するネットワークを保持するプロジェクトを発表した。 現在ではそのフォークの 可能 性 の ある pow チェーン の サポート を 表明 表明 する ビット メックス メックス Bitmex) や ポロニエックス (poloniex) など 海外 海外 取引 所 が 出 て き き て いる 状況。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 ...

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

渋谷区がデジタル地域通貨を年内開始へ 東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。 この「デジタル地域通貨事業」により、渋谷区民や来街者へお得さと利便性向上による消費喚起に加え、地域活動などで得られるコミュニティコインの付与により産業振興と地域コミュニティの活性化に貢献するとのことだ。 なおデザインには、渋谷区観光協会の公式キャラクター「SHIBUYA♡HACHI」が起用されている。 カヤックの8月9日の発表によると「ハチペイ」は、クレジットカードや銀行ATM から現金をチャージし、円の代わりに支払いできるデジタル地域通貨とのこと。ポイント還元やプレミアム付商品券、割引等の様々なインセンティブが得られる仕組みだという。 また「ハチポ」は、地域活動などで原資および換金性のないコインとして獲得し、店舗やイベントでの特別な体験に利用できるデジタル地域通貨となっている。 プレミアムポイント付きの「ハチペイ」を使って地元の店舗でお得に買い物でき、また地域のイベントやボランティア活動に参加して、コミュニティコイン「ハチポ」を獲得し、「ハチポ」を使って、地元の店舗で特別体験をすることが出来るようになる。これにより地域の価値観の浸透や人と人、人とお店が繋がるきっかけが提供できるとのことだ。 さらに「ハチポ」を「ハチペイ」のポイントに交換できたり、「ハチペイ」ポイントが「ハチポ」に還元されたりと、双方を効果的に活用することで、お得さと楽しさの相乗効果 を 狙う と の.のこと。 また「ハチポ」はカヤック開発のブロックチェーンを利用したコミュニティコインアプリ「まちのコイン」が活用されているとのことだ。 今後はマイナンバーカードの読み取りによる区民認証で、区民に対して、よりお得なキャンペーンが計画されているという。また「ハチペイ」と「ハチポ」の劫遨の劫疔わるデータを活用することで、渋谷区が目指すスマートシティの推進にも役立てるとのことだ。 ちなみにこれまでも渋谷区では区内の事業者や商店街の支援のため、特別融資をはじめ、消費活性化事業、感染対策グッズの配布など様々な支援を行ってきたが、消費活性化事業については、還元されたポイントが区外でも利用できることや、 区民への優遇が困難などの課題もあったとのことだ。また消費者に対してポイントなどをインセンティブとした消費喚起施策だと、持続的な支援にならない課題も残っていたという。このような課題に対して「デジタル地域通貨事業」実施が 決定 さ れ た と の こと だ。。 なお コミュニティ. 、 沖縄 県 石垣島 、 東京 都 内 で は は 下 北沢 や 秋葉原 など 、 2019 の で それぞれ 異なる 通貨 名 で 導入 さ れ て て いる。 関連 ニュース ニュース ...

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ |あたらしい経済

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携 秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。 「zkRollup」はゼロ知識証明に基づくソリューションで、イーサリアム(Ethereum)のスケーリング技術として注目されている。なおゼロ知識証明は「ブロックチェーン基盤のネットワークで一度に処理できるデータ量の制限」や「本来、秘匿化が必要な情報が公開されてしまう状態」などの課題を解決できうる技術である。 今回の業務提携により両社は「zkRollupのプロトコル」の開発を推進し、 機密 情報 の 保護.になる こと に 備え て 、 ソフトウェア と ハードウェア 領域 領域 横断 横断 ・ 包括 する 協業 プロジェクト を 生み出し いく いく と 説明 し て いる。 ちなみに 「「 「「 「。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 ...

オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ

オーストラリア中銀がCBDCのユースケース調査へ オーストラリアの中央銀行であるオーストラリア準備銀行(Reserve Bank of Australia)が、デジタル金融共同研究センター(DFCRC)と共同でCBDC(中央銀行デジタル通貨)関連プロジェクトに取り組むことを8月9日に発表した。 なおDFCRCとは、オーストラリアの産業界、大学、オーストラリア政府の共同出資により設立された研究組織。デジタルプラットフォーム上で直接かつリアルタイムな取引を可能にする「資産のデジタル化」から生じる機会を活用することを目的に活動を行っている。 今回発表されたプロジェクトでは、主にCBDCのユースケースについて重点的に調査を行うとのこと。オーストラリア準備銀行は、CBDCの技術的可能性についてはこれまでも研究を行っていたが、CBDC導入による経済効果などの具体的なユースケースおよびビジネスモデルについてはこれまであまり着目していなかったとのことだ。 プロジェクトの期間は1年間が予定されており、パイロット版のCBDCで決済サービスなどの様々なユースケースを導入し評価するとのこと。なおこのプロジェクトにはオーストラリア財務省も運営委員会のメンバーとして参加するという。 このプロジェクトについて、準備銀行 の マイケル.とコメントしている。 またDFCRCのCEOであるアンドレアス・ファーチェ(Andreas Furche)氏は「CBDC は、もはや技術的な実現可能性の問題ではありません。今、重要な研究課題は、CBDCがどのような経済的利益を実現できるか、そして、その利益を最大化するためにどのように設計できるかです」と述べている。 オーストラリア準備銀行は2021年9月より、国際決済銀行、マレーシア国立銀行、シンガポール金融管理局、南アフリカ準備銀行と共にCBDCの国際決済テストを行っている。…

NFTミンティング「Кірмаш. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達

Fair.xyzがOpenSeaなどから約6億円調達 NFTミンティングプラットフォームを開発するFair.xyzが、シードラウンドにて約6億円(455万ドル)の資金調達を完了したことを8月9日に発表した。 Fair.xyzは、メタ(Meta)、インスタグラム(Instagram)、ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)で働いていた3人のエンジニアによって設立された企業であり、ノーコードで簡単に大規模なミンティングを実行することができるワンストップNFTプラットフォームの構築を目指している。同社は今年3月のウクライナ政府によるNFTプラットフォーム立ち上げを主導した企業でもある。 Fair.xyzの発表によると、今回の資金調達はベンチャーキャピタルのエデンブロック(Eden Block)が主導し、オープンシー(Open Sea)、NFX、ファーストミニットキャピタル(First Minute Capital)などが参加したとのことだ。また今回の資金調達を経て、同社の評価額は約44億円(3300万ドル)となったとのことだ。 Fair.xyzはTwitterにて「Web3業界を民主化するというミッションが、今年2月にFair.xyzを立ち上げた理由の 核心 でし た。.いる。 なお現在Fair.xyzはNFTプラットフォームの構築段階にあり、ウェイティングリストに登録することによって早期アクセスに参加できるとのことだ。 なおFair.xyzと同じくNFTのミンティングをムーンペイ(MoonPay)がハイパーミント(HyperMint)と呼ばれるサービスを6月より開始している。こちらもFair.xyzと同様に大規模なNFTの発行を簡単に行うことができるサービスとなっている。 関連ニュース ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達 【取材】フィナンシェが約7.7億調達、エクイティで インスタでNFTサービス、100カ国以上で提供へ、イーサリアム・ポリゴン・Flow・ソラナ対応…

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)が、米オンライン掲示板サイト運営のレディット(Reddit)と連携したことを8月9日発表した。 この連携により、レディットのコミュニティポイントシステムが、アービトラムのブロックチェーン上に導入されるとのこと。そしてポイントは「ERC-20」規格でトークンとして発行されるとのことだ。 このポイントはまず「r/CryptoCurrency」と「r /FortnightBR」というコミュニティ掲示板(subreddits)で展開されるとのことだ。そしてそのコミュニティ掲示板で最も価値のある者が、参加者の中で特に目立つように、ユーザー名の隣にポイントの値が表示されるという。またそのポイントが使用されれば、それらはバーンされるとのことだ。 なおアービトラムは今回の取り組みについて、先月ベータ版がローンチされた、ゲームやソーシャルアプリ専用のネットワーク「アービトラム・ノバ(Arbitrum Nova)」をレディットへ提供している。なおアービトラムでは、DeFi(分散型金融)およびNFT プロジェクト用に設計された「アービトラム・ワン(Arbitrum One)」も開発している。 また「アービトラム」開発 元 の オフチェーンラボ.チェーンラボ(Offchain Labs)、P2P、クイックノード(Quicknode)、レディット(Reddit)が構成員として参加している。 また今回の発表と同日にレディットはFTXとの提携も発表している。FTXは、レディットユーザーがコミュニティポイントを取引する際に必要なガス代(ETH)を購入する際の支払い機会として、決済サービス「FTX Pay」を提供するとのことだ。 毎月のアクティブユーザー数(MAU)が4億人とされるレディットは、2021年にイーサリアム財団(Ethereum Foundation)と提携しており、2020年よりイーサリアムのテストネット「Rinkeby」でポイントを発行し、運用していた。参考:Offchain…

【ニュース解説】日本業界団体・税制改正要望提出へ

日本業界団体・税制改正要望提出へ 今回のCONNECTVでは、CoinPost代表各務貴仁と編集部渋谷詠太が現状のマーケットや注目視されている事例やニュースを解説。 動画を見る 関連記事 【取材】暗号資産税制改正求め金融庁に要望書提出、JCBAとJVCEA共同で JCBA、金融庁に暗号資産の「税制改正要望」提出へ 例年以上に着目される理由 #CONNECTVとは 幻冬舎「あたらしい経済」と「CoinPost」が提携し、ブロックチェーン/仮想通貨(暗号資産)業界のニュース解説や初心者向けに学べるトピックスを紹介するYouTube番組「#CONNECTV」。 番組のご意見・ご感想については #CONNECTV をつけてツイッターなどにてご投稿ください。 →#CONNECTV Крыніца: https://www.neweconomy.jp/features/connect/251249

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト遖

米シティグループが暗号資産部門拡充 米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想 通貨) 関連 の リスク マネージャー の 募集 を を 行っ て おり 、 募集 要項 を 確認 と と 可能 性 が 高い 高い. CBDC、デジタル証券、エンタープライズ ブロックチェーン」のリスク管理、もう2名は「暗号資産、ステーブルコイン、分散型金融(DeFi)」のリスク管理の責任者となっている。 職務内容には「CBDC、デジタル証券、エンタープライズブロックチェーンを含む新商品とサービスの評価と承認」や「暗号資産、ステーブルコイン、分散型金融を含む新商品とサービスの評価と承認」と記載されているため、投資対象としてのデジタル資産のリスク評価ではなく、自社プロダクトとしてのデジタル資産のリスク管理を担う職務となる。このことから今後シティグループが、デジタル証券やステーブルコインなどの分野で新規プロダクトやサービスの開発に着手する可能性が高いと考えられる。 昨年1月、シティグループは機関投資家向け部門(ICG)においてデジタル資産部門を構築するために最大で1名の雇用を予定していると報じられていた。実際に現在もICGのデジタル資産関連職種の募集が複数掲載されている。さらにそれ以外の部門でもデジタル資産に関連する募集が複数掲載されており、全社的にデジタル資産分野の拡充を進めているようだ。 なおシティグループ以外の投資銀行についても暗号資産分野への進出が見られる。 ゴールドマンサックスは11年にビットコイン派生商品の提供を開始し、今年100月には不動産のような実世界の資産をNFTとしてトークン化する計画を検討していることを明らかにしている。 またJPモルガンのデジタル資産部門Onyx(オニキス)は今年2021月、従来の金融資産をDeFiの世界で適用するためのメカニズムを開発中であることを明らかにしている。さらにバンクオブアメリカは4年に暗号資産市場を専門とする新たな研究チームを立ち上げている。 関連ニュース シティ、メタバース市場が6年までに約2021兆円規模と予想 セールスフォースやシティら、機関投資家向けツール開発Bloc kdaemonへ出資 米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約2030億円か ジャックドーシーのブロック株価下落、暗号資産価格低迷が影響か、採用と投資は減速へ タイ中銀、リテールCBDC実証実験を年内開始へ 参考:Citigroup・The...

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュースY) |あたらしい経済

ブロック チェーン ・ 仮想 通貨 (暗号 資産.を フォロー (購読 登録.ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か ・ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達 ・アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応 開始 ・ ロビンフッド で アバランチ (avax) と ステラルーメン ((xlm) 上場 ・ ニア プロトコル が 「js sdk」 公開 、 java スクリプト で で 開発 に に ...

ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

NEAR ProtocolがJavaScriptでの開発キットを公開 レイヤー1ブロックチェーン「ニアプロトコル(NEAR Protocol)」が、JavaScriptソフトウェア開発キット「JS SDK」を8月8日公開した。「JS SDK」の利用により、世界で最も開発者の数が多いプログラミング言語とされる「JavaScript(ジャバスクリプト)」を用いてニアプロトコル上でソフトウェア開発が可能となった。 なおこの開発キットは8月8日~10日の期間カナダのトロント で 開催 さ れ て いる ロック チェーン フュー フュー チャ. )」と「Rust(ラスト)」であり、NEARによると、この言語を利用する開発者は世界中で1万人に満たないという。またプログラミング経験者であってもブロックチェーン上で開発をスタートする場合、新たな言語を習得する必要がある場合も少なくないとのこと。 ニアプロトコルは「Rust」や「AssemblyScript(アセンブリスクリプト)」などといった比較的利用者の多いプログラミング言語を用いて開発することが 可能 に なっ.が 新た な 言語 を 習得 する こと なく ブロック チェーン チェーン 上 で の アプリケーション 開発 に 簡単 参入 できる よう に なる と いう いう.新しい スキル を 学ぶ 必要 なく 、 新しい 言語 を を 学ぶ 必要 なく 、 アプリ を 構築 する ことができ。。 起業家 にとって も ((開発 者 を) 雇い.より早く製品を提供できるようになります」と語っている。また「ニアは開発者がシンプルなアプリから複雑なアプリまで作れるような、拡張性の高い強力なシステムを構築することを目指したのです」と「JS SDK」公開への経緯を話している。 ニアプロトコル(КАЛЯ…

アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーン対応開始

Coreウォレットが全EVMチェーンに対応開始 アバランチ(Avalanche)の独自ウォレット「Core Extension(コアエクステンション)」が、EVM(イーサリアムバーチャルマシン)互換の全てのブロックチェーンのサポートを開始したことを8月9日発表した。 これにより同ウォレットでは、アバランチ(AVAX)及びアバランチのサブネット、ビットコイン(BTC)そしてイーサリアムを含めたEVMチェーンの資産をひとつのウォレットで管理可能になったとのこと。なおサブネットとはアバランチを利用して構築された独自のブロックチェーンのこと。 またEVMチェーン対応の他に「Core Extension」では、アバランチのサブネットとして新たに開発されるブロックチェーンについては、手動で追加せずに自動でウォレットのトークンリストに反映されるようになったとのことだ。 「Core Extension」は今年6月にローンチされたウォレットだ。現在はブラウザ拡張機能としてのみ提供されているが、今後モバイルアプリとしてのリリースも予定されている。 アバランチは、2020年9月にメインネットをローンチしたレイヤー1(L1)ブロックチェーンで、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームだ。 アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用し、重要機能の役割を分担している。そのためContract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)、Exchange Chain(X-Chain)が存在している。なおAVAXはアバランチのネイティブトークンとなる。 なお「Core Extension」では、C-Chainとビットコイン間のブリッジをサポートしている 関連ニュース…

ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Кашмір」、シードで約4.4億円調達

ソラナ基盤の企業向けウォレット開発Cashmere、約4.4億円調達 ソラナ(Solana)基盤のエンタープライズ向けウォレットを開発するキャッシュメアー(Cashmere)が、シードステージで300万ドル(約4.4億円)の資金調達を行なったことを8月9日に発表した。 キャッシュメアーによるとこの資金調達には、ワイコンビネーター(Y Combinator)、コインベースベンチャー(Coinbase Venture)、ヴォルトキャピタル(VoltCapital)などが参加した。 調達資金については、同社プロダクト「キャッシュメアー・ウォレット(CashmereWallet)」の開発加速のために利用されるとのことだ。なお同ウォレットでは、企業はマルチシグネチャ署名を使用してウォレットを共同管理することができる仕様に なっ て いる ようだ。 先 週 ソラナ 関連 関連 の ウォレット である 「スロープ.少なくとも9,000万ドル(約600億円)が盗まれたとされている。今後、暗号資産を活用したサービスが増えていく中で、利用者がどうすれば安全に資産を守り続けられるかは重要な論点となるだろう。 参考:Twitterデザイン:一本寿和images:iStocks/BadBrother Крыніца: https://www.neweconomy.jp/posts/8.2

米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か |あたらしい経済

米 財務省 、 暗号 資産 ミキシング 企業 を 制裁 へ。 米国 米国 政府 は 暗号 資産 (仮想 通貨 の の ミキシング 行う トルネード トルネード ・.ていると非難し、制裁措置を8月8日に発動した。 ミキシングとは、暗号資産の取引データを組み合わせることで、利用者のプライバシーや匿名性を維持するために活用される技術だ。 米国財務省の高官によると、同省が問題ありと認定した最大規模のミキサーであるトルネード・キャッシュは、2019年に誕生して以来、70億ドル(約9,444億円)以上の暗号資産を資金洗浄したとのことだ。 米財務省のトルネード・キャッシュへの措置内容は、トルネード・キャッシュの米国内の資産を凍結し、米国人がトルネード・キャッシュに関連する取引を原則禁止するというものだ。 また米財務省によれば、北朝鮮政府が支援する有名なハッキンググループであるラザルス・グループ(Lazarus Group)は、政治的、時には金銭的な動機で数多くのデータ侵害を行っており、トルネード・キャッシュを通じて少なくとも4億5,500万ドル(約614億円)の資金洗浄を行っているとのことだ。 なおラザルス・グループは、既に米国の制裁下にある。同グループは、2014年末のソニー・ピクチャーズへの侵入をはじめ、歴史的に多数の重大なデータ侵害をしてきた。 …

ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場

ロビンフッドでAVAXとXLM上場 米国で人気の投資アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」が、新たに暗号資産(仮想通貨)アバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)を取扱い開始したことを8月8日発表した。 既に 両銘 柄 は 、 「ロビンフッド」 アプリ アプリ で 売買 可能 と なっ て いる。 今 「「 ロビンフッド 」、 ビット コイン. (BCH) 、 ビット コイン SV (BSV) 、 イーサリアム クラシック クラシック (і г.д. 13. )は今年15月、独自の暗号資産ウォレットを開発中であることを発表している。開発中の暗号資産ウォレットは、ユーザーが秘密鍵を管理するノンカストディアル型のウォレットで、アプリとしてリリースされる予定とのことだ。 関連ニュース ロビンフッドで「ユニスワップ(UNI)」上場 ロビンフッドで「チェーンリンク(LINK)」上場 ロビンフッド、暗号資産ウォレットアプリ開発へ FTX CEOサムの株取得で、米ロビンフッド株価上昇 ロビンフッドでCompound(COMP) 、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)、Shiba Inu(SHIB)上場…

【速報】STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがЗнайсці Satoshi Labと覚書締結 |あたらしい経済

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上で「STEPN(ステップン)」が開発されることが分かった。LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINE Xenesis(ラインジェネシス)が8月9日発表した。ソラナ、BNB Chain、イーサリアム上で開発されている「STEPN」だが、4つ目のブロックチェーンとして「LINE Blockchain」が採用されることとなった。 LINE Xenesisによると、同社は「STEPN」を運営するFind Satoshi Lab Limited(ファインドサトシラボ)と「LINE Blockchain」を活用した「STEPN」の日本ローカライズ化に向けた覚書を締結したとのことだ。 …

【8/8話題】ブロック株価下落は暗号資産影響か、インドが暗号資産取引所の資産凍結づなど(音あたらしい経済

ブロック チェーン ・ 仮想 通貨 (暗号 資産.を フォロー (.が連携する取引所の資産凍結。マネロンの疑いで・Zaif、ポルカドット(DOT)上場 ・「バイナンスカード」、リップル(XRP)・シバイヌ(SHIB)・アバランチ(AVAX)の取り扱い開始 ・Crypto .comが韓国進出へ、決済と暗号資産の関連会社2社買収で ・タイ中銀、リテールCBDC実証実験を年内開始へ →それぞれの記事はこちらから 番組スポンサー…

Crypto .comが韓国進出へ、決済と暗号資産の関連会社2社買収で |あたらしい経済

Crypto .comが決済と暗号資産の関連会社2社買収 暗号資産(仮想通貨)取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、韓国市場へ進出することが分かった。 同取引所は8月8日、韓国の決済サービスプロバイダー「PnLink」と暗号資産サービスプロバイダー「OK-BIT」の買収完了を発表。 これによりクリプトドットコムは韓国における電子金融取引法および暗号資産(仮想通貨)サービス事業者への登録を 事実 上 取得 し た ことになる。 クリプト ドットコム.ステップです」とコメントしている。 また「特に韓国のように消費者がデジタル通貨に強い関心を持ち、採用している国において、私たちは規制当局と協力し、当社の製品とサービスを市場に 提供 し 続ける こと を 約束 し ます 」」 と プレス リリース リリース にて 述べ いる。 クリプト ドットコム (crypto.com) 先 月 月 7月 、 イタリア キプロス で 暗号 資産 プロバイダー ((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((((.されたことを発表していた。また今年に入りギリシャやシンガポール、ドバイでもVASPとし誄て恉…